TOP

家づくりの思い

お客様の声

建築実例

古民家再生

不動産情報

採用情報

会社概要

お問い合わせ

社名の由来

「自然素材に囲まれた生活スタイルを、住宅を通じてご提案させて頂きたい。

そして、住まう人が自然体で暮らして欲しい。」

という私たちの願いを込めて、当社を「ナチュラルスタイル」と名付けました。

 『自然体の家づくり』住み良さを求めて

私たちナチュラルスタイルは、「真に住み良い家」を追求した家づくりをしております。主役である住まい手が、自然の温もりや優しさに包まれて暮せる家。静岡の檜、杉材や塗り壁、和紙などの天然素材にこだわり、自然と共に過ごすための工夫がされ、周囲の街並みに端正さを添える家、四季の移ろいを感じながら住まい手と共に年月を重ね、美しさを深めていく家。

 皆、自然体の家づくりの答えです。一方住まいには、快適性、先進性にも目をむけた低炭素住宅、長期優良住宅の建築にも積極的に取組んでおります。一棟一棟に、効率性のみを重視するのではなく弊社の技術と職人の技能が発揮できる様に、手間暇かけた家づくりをさせて頂いております。

   『自然体の家づくり』住み良さを求めて   『自然体の家づくり』住み良さを求めて

会社のスタイル

1.木と生きる 地産 地消 地建

家づくりの経験から間違いないと分かった事。それは人と環境にやさしい家は、修繕・リフォームがたやすく出来る家、強く、長持ちする家、新建材、集成材を使わず無垢材を使う事が、良い家づくりの答えです。地元の山で育った檜を柱と土台に、杉を梁に使う、無垢の床、軒、造作材の木部は自然塗料を塗り、調湿、消臭効果の高い漆喰壁など自然素材を生かす、しかもこの土地で生活する優れた職人(技能者)と、協力して家づくりをすすめる事(地産、地消、地建)が基本です。 
2.お客様と設計士、とことん話し合う事が家づくりのスタート

弊社には、営業社員はおりません。お客様がどんな家を建てたいのか最初にお聞きするのは設計士です。例えば、家族が安心して絆を深めるための家、終の棲家として静かに暮らす家、二世帯が良い関係で繋がる家などを確かなイメージとして持つ方は少ないのではないでしょうか。それを丁寧に伺うことから家づくりが始まります。ご家族ひとりひとりのご意見を聞かせていただき、それをひとつの家としてまとめ上げていく。弊社には、標準仕様や規格がありません。白い紙の上にお客様の夢や理想の家を描いていきます。その打ち合わせは6ヶ月に及ぶ事もあります。何よりもお客様のご満足が行くまで取り組むことをナチュラルスタイルのモットーとしています。

社長のごあいさつ    

住まいづくりは、魅力的な仕事です。  
私はこれまで約40年間建築に携わっておりますが、仕事を続ければ続ける程、住宅建築の奥深さと住まい手やご家族の人柄に触れることが出来、それぞれの人の生き方まで知ることができる、まさに人間学であると感じています。建築を通じて私も成長させて頂いております。  

弊社が目指している事は「人の一生を考えた住まいづくり」です。家が施主様の生活を見つめて家族全員の成長と変化に順応する事、家をただ「生命・財産を守る器」として考えるのではなく、住み手の趣味、こだわり、ライフ スタイル等を十分に取り入れ、将来を見据えて、既製品ではなく「フル・オーダーメイド」でご提案させて頂く事が、一生を通じて本当に満足して頂ける住まい を提供するために大切であると考えております。  

また、一軒一軒の住宅は、街並みを構成するものです。「素敵な街づくり」の最小単位として、自然環境や周囲の街並みとの調和に配慮した建築を提供していきたいと思っております。  

弊社は住まい手一人ひとりの個性を大切にしながら、安全・安心・快適で利便性が高く、楽しく暮らせる住まいづくりを心掛けています。たくさんの人と出会い お客様の夢を実現する素晴らしい仕事です。これからもライフワークとしてお客様と喜びを共有できる様、より一層努力していきたいと考えております。

 

取締役のごあいさつ   

地球に生きるということは、森に生きるということです。   

樹齢何百年、何千年と堂々と聳え立つ屋久杉をはじめ檜、楠、栃・・・といずれの 木も我々人間の寿命を遥かに凌ぎ、永い年月を力強く生き抜いています。そんな大木の前に佇めば、それらを「ご神木」と崇めることで少しでもその溢れんばかりのパワーを頂けたら、と思わず手を合わさずにいられません。  

森で小鳥を追えば木箱に巣づき、静かに構える小さな鎮守の社にも木の精霊を感じ、自然の気の流れの清らかさを感じさせられます。
春には桜を愛でて、夏には森林浴を楽しみ、秋には紅葉観賞・・・と四季を通じて樹木は常に生きています。  

また、時に木は文化も創りあげます。例えば、茶室建築を挙げると、静寂の中の木の息づかいが茶の湯の文化を作りあげ、数寄屋造りの佇まいや居心地の良さ、稟とした空間が茶道をたしなむ人に大切にされたからこそ、現代まで守り継がれているのではないでしょうか。  

ナチュラルスタイルがこだわる木造建築による「生きた住まい」づくりが、きっとそこに住む人を育んでくれる事と願い、いかに自然体で暮らすことが出来るかを研究し、邁進して参りたいと思います。

スタッフの紹介

坂東 秀明

●職種・所属
      
営業・設計・監理・一級建築士

●氏名    坂東 秀明 
静岡で暮して早や28年、
未だに大阪弁がぬけません。
「利他の心」で頑張ります。 
 

 

菊地 裕子

●職種・所属
     
設計・コーディネイター・2級建築士

●氏名    菊地 裕子
設計の仕事は日々勉強です。
主婦の目線で住みやすい家づくりのお手伝いが
できるよう頑張っております。
 

 

菊地 裕子

●職種・所属
     
総務・経理


●氏名    渡辺 俊之
総務・経理と事務系の仕事をしています。
誠実をモットーに頑張っています。